吹き収め

Image

年末に頂くお花は慌ただしい部屋をゆるめてくれます。
昨日はA高の定期。
この一年を思いながら一緒に吹いて来ました。(new楽器、善子デビュー)

吹奏楽をいい仲間と柔らかい心で続けて下さい。

善子は新しいケースに入っております。ベルのせいでケース代がかかります。
まだまだ未知数の楽器。言うこと聞くんか聞かないんか。年末年始もほおっておけません。
新年早々11日にはスパークさんとの定期。
Image_2


暦の上では12月

Image

日曜日は大宮で、宮川アキラさんとのコンサートでした。
ここは合唱コンクール関東大会で何度も来ましたが、自分が演奏するのはお初。
学生時代には無かったホールです。

宮川さんとのステージはシエナもキャラ変わります。
それが楽しい。リハーサルでもたくさん吸収。
また次回が楽しみです。

三日前の郡山での題名収録は、復興応援企画。
地元の小学校の合唱団と共演。上手いを通り越して感動。リハでは感涙してしまいました。
普通に合唱を聞ける自分に戻った気がします。

他にも共演者。写真はこれが精一杯でした。
ステージは超興奮。皆さん、三月の題名をお見逃し無く。

Image_2


バスクラリネット新規導入

思えば、今年結婚20周年だった訳ですが。
急に思い立って楽器を買うことにしました。
本当はとっくに使用年数はすぎているのですが、ニューモデルが気に入らなかったので買う気にならなかったのです。ネックの角度、つば抜きがない等々。
でも買うことにしました。あと5年はとても持たないこと。年々額の上がるオーバーホール代。そして最近試奏して、新しいプレスティージュがとても楽に響いたので。

在庫が無いということで、しばらく待ちましたが。やっと入手。
いや、鳴るけど、鳴りすぎるし。軽すぎるし。下管の木、短いし。
木ベル足してやっと私には手応えのある抵抗感になっております。
まあこんな感覚、自分特有なんでしょうね。慣れてきたらどう変わるのか。

バスクラばっかり吹いている人もなかなか多くはないと思いますので。
こんな記事、人様の参考にはならないと思いますが。

ともかくさらいすぎて、ポジションの大幅変更となった右手を痛めないようにぼちぼち試運転状態です。
防音室で後ろのピアノが共鳴してシャンシャンしているのはやっぱり、倍音を呼びやすい音、ということなのでしょうか。他は一週間して、キイのバランスが狂い始めています。湿気とタンポと木との関係が変わってきているのは先代と同じ経過なので焦っては居ませんが、今月中に一度調整をお願いしなくては。

デビューはいつにしようかなー。冬は怖いなあ。寒いし。冬は自宅で過ごさせるかな。

Image


バスクラ選定

新しいリードの箱ではなく、楽器の箱です。見たこと無かったです。

Image


ゆずジャム

ここに住んだ時から庭に柚子の木がありました。
柚湯などにはしていましたが、今年初めてジャムを作って見ました。

小ぶりな品種なので、ワタが少なく、ジュースがたっぷり。
なんだ、気が付くのが遅い。まさにジャム向き。

出来上がりは苦味も少なく風邪にも、喉にも良さそう。

ここに住んで13年。長女はまだ一歳前だったなあ。
やっとそんな時間が取れたということで、しみじみ柚子茶を飲みました。

さて、来週、大きなイベントがあるのです。
楽しみ楽しみ。

本番続き

ここのところ子供らの本番が続いていました。準備、体調管理、自分のより大変です。
お陰様でここまで無事元気で終わって来ています。

兄ちゃんのアンコンも、なんとか通過。
高校生最後だもんね。
難しい時代の作品に取り組んでいますが、がんばってくれー。

Image_2

秋の空。味わう暇も無く。


お弁当

お弁当のおかず。朝起きて一分で頭の中で組み立てる。
Image_2

コストダウン目指して冷凍品は少なめ。
ステンレスの弁当箱は食洗機でスッキリ洗えて、、何年も使用可能。
高かったけど、やっぱり買って良かった。
そろそろ自分の分も買おうかと。


薔薇の湯船

今日は子供達のピアノの発表会。

Image

弾く方も聴く方も終わってみればぐったり。
お風呂に花束の薔薇の花びらを浮かしてフラワーバスに。

かなりシアワセ〜。しばし贅沢な気分。

冬支度

カリフラワーがそろそろ旬。
ピクルスを作りました。

ヤングコーンは絶対無くてはならない。
近所でみつからず、横浜の高島屋まで行っちゃった。

Image_2

栗原はるみさんのレシピ通りの作品です。
しばらくこのおつまみで楽しめます。

うちは三兄弟飲兵衛なのですが、妹来ないかなー。

誕生日のシャンパン飲んでしまいそうだ。


バスクラエチュード紹介

Image

今週は暇なのでやっと、開いてみました。
割とスタンダードな内容です。ロングトーンに始まりアーティキュレーションまで。
一通り基礎をさらって一時間。一冊持っていても良いと思います。
普段頭の中にあるマイメニューで基礎をやっていますが、人のだと使う音域が違う。
これは良いことかも。慣れで吹ける練習は貯金にならないので。

後半に曲が付いています。アルトクラでもコントラでも吹ける様に楽譜が移調されています。
ただ、どんな曲だか吹いて見てもさっぱりわからん。
今度ピアノと合わせてみよう。


«ピアノの発表会